そう思ったところで、オークの声が耳に届いた

溢れる涙をぬぐい、今はこらえるしかなかった

この街に囚われてしまう時の、出来事を

セーブ1

門から逃げ出す

それを叩きつけられた

【バッドエンド】

セーブ1から

門をくぐって街中へ

その先が少しでも安全な場所であることを願いながら

セーブ2

戦闘を挑む

【バッドエンド】

セーブ2から

裏口から逃げる

願ったところで、結局はオーク達の裁量次第でしかないのだけど

今はとにかく、オークたちの情報を少しでも集めたかった

・・・・そう感じながら

自分を見捨てていったスミカと、犯しているオーク達を恨みながら

そのまま睡魔に意識を委ねていった

けれどまだ、本当の悲惨さを知らずに

自分で助かるための命綱を、手放したことにも気づかぬまま

マルクートという人間は、この時に死んだとも言えるだろう

セーブ3

路地裏を素直に進むことにする

【バッドエンド】

セーブ3から

あえて大通りに紛れ込む

割り切れない気持ちを、グッと握りつぶすような気分で

納得して小さくうなずいた

自分の手で出来る事をやっていこう

もし自分に妹がいたらこんな感じだったのかも、と思いながら

やっとこみあげてくる眠りに、私は身をゆだねる事にした

そのまま馬車が揺れる感覚に任せ・・・少し、休むことにした

全ては自分の知らない所で起きていた、出来事の一つでしかないのだけど

あの街中で飼われていた女性たちと、同じ立場にされる、ために

そこでは、自分と同じように嬲られている・・・・姿が

そして自分も同じように、嬲られたショックで動けそうになかった

人生の中で最もつらい時間が、幕を開けた

そんなに諦めが良くはなれなかった

こっちが受け入れるだとか、そういうのはお構いなしという事なのだろう

そんな予感は、当たって欲しくはないのだけど

ただその様子に、無力感を覚えながら

さしあたっては、いかにしてオークの挿入を早く果てさせるか、なのだけど

そして、自分は・・・連中に処刑される事となってしまった

自分に言い聞かせ、両足にもう一度力を込める

穏やかな眠りにつけるのは、何日ぶり・・・だ、ろうか

温かい食事は、美味しかったけど。複雑な味が・・・した

チラリと見上げた空はまだ、雲がまばらにあって、濁った川のようでもあった

セーブ4

背中を向けて逃げ出す

そこに逆転の目を見出す事も出来ないまま

【バッドエンド】

セーブ4から

相手に立ち向かう

声のしたほうへ自然と振り向く

セーブ5

トラップの力を信じる

そして、オーク達は止まる事なく動き続ける

けれどそれは、先ほどの凌辱を繰り返すのみだった

【バッドエンド】

セーブ5から

ティリアの言葉を信じる

いいや、ここまで来て信じない理由は、ないだろう

・・・・その後

・・・・そして

【エンド】

分享到:

全部评论

登陆 后方可回复, 如果您还没有账号请先 注册

暂无相关记录

暂无相关记录